関内 Elysee光。

母より少し若いくらいのマダム二人を引き連れて、横浜関内のElysee光にて再ランチ。
美味しいものを食べ慣れている舌の肥えたお二人の感想はいかがなものか、、、、。

e0254379_911538.jpge0254379_912284.jpge0254379_912560.jpge0254379_9121391.jpge0254379_9121552.jpg


オニオンブランと高足蟹のブランマンジェ
帆立貝とアカイカのポワレ春キャベツとエストラゴンを添え
蕪のスープ
メジナのポワレ水菜とナッツ煎餅フキノトウのソースで
イチゴのモンブラン仕立て

いただいたお料理は、苺と春野菜と旬の魚貝をふんだんに使ったコース料理。
またやられた!っていうのがワタシの感想。
六川さん、あなたのお皿の中の野菜達はどうしてこうも挑戦的なんでしょう。
春の野菜は甘いながらもほろ苦くて(スープはちょっとしょっぱすぎたけど)、アカイカがびっくりするほど柔らかくて美味しくて、モンブランの真ん中にはこっそりアイスクリームが入っていました。

予約のミスでオードブルを30分も待たされるというハプニングがあり、マダムの1人がプチ噴火したものの、終ってみればマダム達はお料理の斬新さに心打たれ、ほっと一安心。

それにしても、世代を超えたお付き合いのなんとおもしろいことか。
[PR]

by kiisuke0320 | 2004-03-04 15:10 | 外ごはん(横浜)